ザブングル、じゃないのか……!?

HI-METAL R ウォーカーギャリア2019年2月発売予定

HI-METAL R ブラッカリィ

ザブングル、じゃないのか……!?

2018年7月28日発売
メーカー希望小売価格:11,880円(税8%込)

Hi-METAL R ガバメントタイプ(ティンプ機)

惑星ゾラで暗躍する影の戦闘メカ

2017年12月16日発売
メーカー希望小売価格:9,720円(税8%込)

  • HI-METAL R ウォーカーギャリア
  • HI-METAL R ブラッカリィ
  • HI-METAL R ガバメントタイプ(ティンプ機)
  • HI-METAL R ザブングル

ウォーカーギャリアとは?
『戦闘メカ ザブングル』に第26話より登場した新型ウォーカーマシン。ザブングルを失ったジロン・アモスがイノセントより奪い取り、第2の愛機として運用した。
飛行メカ・ギャリィホバー、3輪車両・ギャリィウィルに分離することができ、パワーはザブングルを上回る。武装は頭部に12.7ミリ機関銃2門、腰に20ミリ砲2門を装備。加えて巨大バズーカ、ライフル、ブーメラン・イディオム、ミサイル・ランチャーを使用する。

FRONT & BACK フロント&バック

前述したフルアクション仕様により、全身を動かして様々なポーズが再現できる。さらに発売中のHI-METAL Rウォーカーマシンと組み合わせれば遊びがより熱くなる。ザブングルとともに惑星ゾラの大地を駆け抜けたり、ゲラバのブラッカリィへ痛烈キックを食らわせるなど、ジロンのバイタリティそのものに動く――それがHI-METAL Rウォーカーギャリアなのだ!!

WEAPON 武器

  •  HI-METAL Rウォーカーギャリアは、まずプロポーションに注目したい。 上半身と下半身のバランス解釈が既存のアイテムと異なっており、HI-METAL Rはあえて縦に長く見えるように、全体をスマートに造型した。
    これにより、最もアニメ設定に近いウォーカーギャリアとなり、設定資料にある 独特の立ちポーズが決まる!!
    また、先に発売されたHI-METAL Rザブングルと違和感なく飾ることもできる。
    さらに、コックピットハッチが開き、運転席にはジロンとチルのフィギュアが乗る。ジロンのフィギュアは二体付属し、運転席から身を乗り出したシークエンスも再現できるようになった。

WEAPON 武器

 HI-METAL Rウォーカーギャリアの驚きはプロポーションだけにとどまらない。全高約180ミリという大型サイズを活かして、引き出しヒンジを内蔵することにより、全身の関節が限界まで動かせる。例えば首は左右だけでなく上下に動く。左右の可動範囲も顔を90度横に向けるほど広い。肩は前方に向けられ、ヒジも2重関節で深く折れ曲がる。変形の都合もなんのその、腰も前後左右に動かせる。下半身も膝が2軸で動き、アーマーが連動。大腿部には90度の横ロールがあり、足の付け根も左右に開く。つま先にもロール回転があり、足首は前後に、つま先は左右が独立して上下に動かせる。
「こんなに動いていいのか?」と自問してしまいそうなほど、広い範囲を備えているのだ。ここまで動くウォーカーギャリアは史上初と言えるだろう。

WEAPON 武器

ギャリィホバーとギャリィウィルへの分離システムは、設定どおりのアクションに加えて、ギャリィホバーの合体ブロックを左右から縮める動きが加わった。これによって、ギャリィホバーは設定資料により近い形状を再現。さらに投光機や ランディングギアも内蔵する。なお、それぞれのマシンにはロック機構も設けられ、手に持った時にギャリアの腕や脚がしっかりと固定される。

WEAPON 武器

 オプション武器として、巨大バズーカ、ライフル、ブーメラン・イディオム、ミサイル・ランチャーが付属する。
バズーカは設定通り、ギャリィホバーへ取り付けられる。また、他の武器もHI-METAL R独自の解釈で、分離形態にすべてを搭載できる。

  • HI-METAL R
  • HI-METAL R

    ウォーカーギャリア

    発売日:2019年2月予定

    価格:17,280円(税8%込)

    セット内容:
    本体、交換用手首左右各4種、パイロットフィギュア3種(ジロン×2、チル)、
    ライフル、バズーカ、ブーメランイディオム、5連装ミサイルランチャー、
    開状態頭部ウインドウシールドパーツ

    商品詳細ページはこちら

HI-METAL R『戦闘メカ ザブングル』シリーズ第3弾はウォーカーマシン ブラッカリィ。作品中では最後に登場した新型ウォーカーマシンであり、背中の大型ローターと足の間にあるホバーノズルにより、ジャンプと滑空を可能とする。
ザブングルとウォーカーギャリアの特徴を併せ持ち、頭部と腕部にはザブングル、ボディと脚部にウォーカーギャリアの意匠が見られる。主人公ジロンが駆る高性能機を合わせた形状は、ウォーカーマシンというメカニズムの到達点とも見なすことができる。
主な操縦者はゲラバ・ゲラバ、ドワス、ティンプ。最終回でティンプが使用した際には、ファットマンのトラッド11を踏んづけたり、エルチのザブングルを人質に取るなど、ラスボス的な敵メカとして鮮烈な印象を残した。

FRONT & BACK フロント&バック

直線と曲線が入り混じった独自のスタイルを再現。ウォーカーギャリア譲りの脚部ラインにも注目してほしい。背中の 大型ローターは回転させることができる。ライフルは玩具オリジナルギミックとして、大型ローターの横にスリングが可能だ。

≫詳細仕様をみる

WEAPON 武器

手持ちの武器としてライフルを装備。ウォーカーギャリアが使用する銃も同じタイプである。
胸の固定武装、12.7mm機関銃2門は上下左右に動かせる。

  • MOVABLE ACTION 可動アクション

    人間的な動きが特徴のブラッカリィだけに、関節の動く範囲にも気が配られている。エアロビクスで鍛えた(?) ゲラバが魅せた華麗なる空中アクションを、全身に備えた可動部分で再現。ジャンプ時の広げた手のひらもオプションパーツとして付属する。

  • COMPARISON サイズ比較

    このHI-METAL Rブラッカリィは、サイズもポイントとなる。このHI-METAL Rとザブングルの比較写真をご覧いただければ一目瞭然!! 悪漢メカの貫禄を感じさせるボリュームに仕上げられている。

HI-METAL Rで、『ザブングル』の世界がまた広がる。
そして次なる展開は……さて。

  • HI-METAL R ブラッカリィ
  • HI-METAL R

    ブラッカリィ

    発売日:2018年7月28日

    価格:11,880円(税8%込)

    セット内容:
    本体、交換用手首左右3種、ライフル、交換用アンテナ、交換用胸部機銃(予備)

    商品詳細ページはこちら

HI-METAL R 『戦闘メカ ザブングル』シリーズ第2弾は、ウォーカーマシン、ガバメントタイプ。主人公のジロンが両親の仇として追っている、ティンプ・シャローンが駆る戦闘メカである。
ガバメントタイプは、惑星ゾラのウォーカーマシンの中でもバリエーションが少ない機種であり、HI-METAL Rは作品中で最も印象に残る、グリーン&ダークグレーのティンプ機をモチーフに定めた。過去の立体アイテムではダークブルー&グレーのツートンのイメージが強いガバメントタイプだが、ついに待望のティンプカラーが再現されることになるのだ。
さて、気になる本アイテムの内容だが、頭部のコックピットと胸の銃座はクリアパーツを使用。さらに腕、腰、脚のあらゆるところに可動箇所を設け、ガバメントタイプ特有の軽い身のこなしを再現している。また、オプションとしてミサイルポッドが付属し、腕に取り付ける三連装タイプ、上腕に直付けする九連装タイプがともに同梱される。
HI-METAL Rのザブングルと揃えて、シリアスかつユーモラスな因縁の対決場面を再現しよう!!

FRONT STYLE フロントスタイル

ガバメントタイプは、『ザブングル』の序盤1クールにおいて、最も強力な敵メカとして第1話から登場。
第4話において、ザブングルより新式のウォーカーマシンという可能性が示唆された場面もある。

≫詳細仕様をみる

FIGURE フィギュア

コックピットのキャノピーを開くと中には座席が造形され、ティンプのフィギュアが乗る。
また、ティンプの立ち姿のフィギュアも付属する。

WEAPON 武器

ミサイルポッドは、第11話で使用したバーゲン品バージョン(左画像)と、第14話で高性能黒色火薬を使用した
イノセントバージョン(右画像)のいずれかを選択して取り付けられる。前者は惑星ゾラで汎用品として用いられるタイプだ。

  • MANIPULATOR マニピュレーター

    ガバメントタイプの特徴の一つ、人間のごとき指を備えたマニピュレーター。ジロンのザブングルもガッチリホール ドされてしまう。

  • MOVABLE ACTION 可動アクション

    ジロンの父の乗るダッガータイプを空中からのキックで下したガバメントタイプ。
    そのアクションを広範囲の関節可動域により再現!!

HI-METAL Rで、『ザブングル』の世界がまた広がる。
そして次なる展開は……さて。

  • HI-METAL R ガバメントタイプ(ティンプ機)
  • HI-METAL R

    ガバメントタイプ(ティンプ機)

    発売日:2017年12月16日

    価格:9,720円(税8%込)

    セット内容:
    本体、汎用ミサイルポッド、ミサイルポッド、ティンプフィギュア2種、アンテナ

    商品詳細ページはこちら

1980年代の輝きを手にすることができる喜び……我々の心を熱く燃やした名機がHI-METAL Rとして甦る!!
ダグラムに続く、HI-METAL Rの新たなラインナップは『戦闘メカザブングル』からザブングル。主人公ジロン・アモスが自ら選んだウォーカーマシンであり、ジロンの手足として惑星ゾラの大地を駆け、飛び跳ねて、時には転げ回った、あのザブングルが帰ってきた!!
アイテムの全高は約170mmで、1/100スケールに相当。
さらにブングル・スキッパーとブングル・ローバーへの分離システムも盛り込まれている。1980年代当時、プラモデルのメインスケールだった約1/100サイズで、変形・合体が可能なザブングルは初の商品化となるのだ。
なお、このHI-METAL Rは腕や腰の車輪を交換することなく変形可能であり、分離ギミックとプロポーションが両立している点にも注目せよ!!

FRONT STYLE フロントスタイル

作中のスタイル再現と変形の並び立ちがメインコンセプトで、腕や腰の車輪を取り外すことなく分離できる。
全身の追加ディテールは1980年代に発売されたプラモデルを思わせる。

≫詳細仕様をみる

MOVABLE ACTION 可動アクション

HI-METAL Rザブングルは足腰が命!
作中の様々なアクションポーズを再現するため、足と腰にかけての可動部にこだわっており、片膝立ちのポーズも取れる。

  • FRONT STYLE フロントスタイル

    ライフル、4連ミサイルランチャー、3連バズーカ、9連装ミサイルポッドが付属し、全てを同時に装備することもできる。

  • SUB XABUNGLE サブ・ザブングル

    ジロンと一心同体だったサブ・ザブングルにするための翼パーツが付属。

BUNGLE SKIPPER ブングル・スキッパー

上半身を構成するマシン。飛行型から走行型への変形は、ウイング部を前方へ閉じ、車輪ユニットを90度折りたたむことで可能に。
パーツの着脱無しでも変形可能だが、変形後の腕のスペースを隠すパーツや、ブングル・スキッパーの後部ノズルを再現したパーツもオプションとして用意されている。

  • BUNGLE ROVER ブングル・ローバー

    下半身を構成するマシン。飛行型から走行型へ変形可能。
    ウイング部分は人型のプロポーション・アクションを重視した小型の差し替えパーツも用意されている。

XABUNGLE CAR ザブングル・カー

走行型のスキッパーとローバーを連結した形態。ライフルをローバーの天面に固定することも出来る。
連結用のパーツは外付けではなく、ローバーのシャッター部から展開する仕様となっており、
分離・合体・変形の一連のシークエンスを、パーツの差し替え無しで再現する事が可能となっている。

HI-METAL R WMウォーカーマシンシリーズにご期待あれ。さて……!!

  • 商品名
  • HI-METAL R

    ザブングル

    発売日:2017年7月29日

    価格:16,200円(税8%込)

    セット内容:
    本体、交換用手首左右各4種、腕スペーサーパーツ左右、サブ・ザブングル用ウイング、ブングルスキッパー用後部パーツ、ブングルローバー用シャッター、アクション用脚部ウイング左右、予備アンテナ左右、ライフル、3連バズーカ、9連装ミサイルポッド、4連装キャノン、魂ステージ用ジョイント3種

    商品詳細ページはこちら

  • 「可動によるキャラクター表現の追求」をテーマに、「造形」「可動」「彩色」とあら ゆるフィギュアの技術を凝縮した手の平サイズのスタンダードフィギュアシリーズです。
  • HI-METAL R ブランド商品一覧はこちら

©創通・サンライズ