S.H.Figuarts ROBOT魂

  • New!

    13部隊の青き機体
    「ROBOT魂 <SIDE FRANXX>デルフィニウム」をヒロインブログでレビュー!!

  • 『ダーリン・イン・ザ・フランキス』コミカライズを手掛けられている漫画家・矢吹健太朗先生より応援イラストをいただきました! 画:矢吹健太朗
    ©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

  • 【4/27予約解禁!】
    『ダーリン・イン・ザ・
    フランキス』より
    「S.H.Figuarts ゼロツー」を
    レビュー!!

  • 鋼鉄の乙女!
    「ROBOT魂 <SIDE FRANXX>
    ストレリチア」を
    ヒロインブログでレビュー!!

鋼鉄の乙女たちを率いる清らかな機体

  • <SIDE FRANXX> デルフィニウム

一般店頭にて2018年11月発売予定

- Mecha introduction  13部隊に所属するフランクスの一体で、リーダー機。ボディカラーは白と青で、片目が隠れているのが特徴となっている。武器は両腕に装備したエンビショップで、先端の刃で敵に攻撃する。
搭乗するコドモはイチゴとゴロー。イチゴは13部隊のリーダーであり、他のフランクスを指揮して叫竜と戦う。しかし、ひとたび戦いが終われば、イチゴは仲間を思う少女の顔を覗かせる。
デルフィニウムはそんな彼女の心を受け止める、もう一人の自分なのかもしれない。 ■メカニックデザイン:コヤマシゲト

一般店頭にて2018年7月2日(月)予約解禁!!

広い可動域で劇中のアクションを再現可能!

全3種の表情パーツが付属。特徴的なロボットの感情表現を再現。

ストレリチアとの組み合わせで名場面を君の手に。

「ROBOT魂<SIDE FRANXX> ストレリチア」は別売りです。

——見つけたよ、ボクのダーリン

  • ゼロツー

一般店頭にて2018年10月27日発売

- Character introduction 謎に包まれた少女で、頭には2本の角がある。ストレリチアのパラサイトで、戦闘能力は極めて秀でているが、
彼女と共に乗り込んだパートナーが決まって再起不能に陥るため、「パートナー殺し」とも呼ばれていた。
しかし、「ダーリン」ことヒロとの出会いをきっかけに、これまで内に秘めていた感情を少しずつ表に出していくことになる。 ■キャラクターデザイン:田中将賀
■CV:戸松遥

一般店頭にて2018年4月27日(金)予約解禁!!

特徴的なデザインのパイロットスーツ姿で立体化

劇中でも印象的な赤いパイロットスーツ姿で立体化。
公式スタッフの監修のもと、特徴的なデザインを忠実に再現するとともに、
女性らしいシルエットとアクションを両立。

表情パーツは全4種類付属で、謎多きヒロインの多彩な魅力を表現

4種類の表情パーツが付属。
無邪気でいてどこか冷酷な、様々なゼロツーの魅力を表現。

専用台座とギミックにより、印象的なストレリチア搭乗シーンを再現可能

  • コクピットを再現する専用台座が付属。
    また、フードパーツの交換と臀部のハンドルの可動により
    ストレリチア操縦シーンを再現。

専用台座を使用することで、
「S.H.Figuarts ゼロツー」と「ROBOT魂<SIDE FRANXX> ストレリチア」を
一緒にディスプレイすることが可能。

「S.H.Figuarts ゼロツー(専用台座含む)」と「ROBOT魂<SIDE FRANXX> ストレリチア」は別売りです。

鋼鉄を纏った乙女の真なる姿

  • <SIDE FRANXX> ストレリチア

一般店頭にて2018年10月27日発売

- Mecha introduction フランクスとは、叫竜を殲滅するために作られた巨大ロボット兵器。女性を模しており、少年と少女が二人揃って操縦する必要がある。
ストレリチアはゼロツー専用のフランクスで、ヒロがパートナーとなることで本来の姿を現した。かくして、ゼロツーとヒロのコンビネーションは、ストレリチアをより高いポテンシャルへ導き出していく。
武器はクイーンパイクで、大きな槍で叫竜の急所となるコアを貫く。 ■メカニックデザイン:コヤマシゲト

一般店頭にて2018年4月27日(金)予約解禁!!

コヤマシゲト氏の監修により生み出された、アニメそのままのプロポーション

メカニックデザイン・コヤマシゲト氏の監修により
勇猛かつ女性的なプロポーションを再現。

大ボリュームの武器「クイーンパイク」と、高いアクション性能

主武装「クイーンパイク」は全長約250㎜の大ボリューム。
先端のオレンジ部はメタリックで彩色し、マグマ燃料のエネルギーがみなぎるイメージを再現。
本体の関節各部は広く可動し、劇中の外連味あふれるアクションシーンを追求出来る。

“表情が変わるメカ”という最大の特徴を、全3種の表情パーツで再現

フランクスの大きな特徴である「表情」は
S.H.Figuartsで培ったキャラクターフィギュアのノウハウをフィードバックし、
交換パーツを付属し様々な姿を再現可能。

作品解説

ネガティブとポジティブが合わさる時、生まれる“何か” 『ダーリン・イン・ザ・フランキス』は2018年1月より放送のテレビアニメーション。 遠い未来を舞台に、巨大ロボット兵器フランクスに乗り込む少年少女の姿を描く。
物語は落ちこぼれパラサイトのヒロと、エリートパラサイト・ゼロツーの出会いから始まる。 謎の敵・叫竜(きょりゅう)の襲撃を共に乗り越えたことで、ヒロはゼロツーから「ダーリン」と呼ばれ、 二人は生死を共にするパートナーとなった。ゼロツーとの接触をきっかけに、ヒロたち13部隊の運命は大きなうねりを見せるのだった。
フランクスはなぜ少年少女が操縦するのか? 叫竜はなぜ人類を襲うのか? そしてゼロツーの艶めかしい角の意味は? 若き感情が烈しく揺れ動く中で、鳥籠<トリカゴ>の中にいたヒロたちは世界の真実に近づいていく……。

制作はTRIGGER(代表作『キルラキル』など)とCloverWorks(A-1 Picturesが立ち上げた新ブランド。『あの日見た花 の名前を僕達はまだ知らない。』など)が担当し、2大スタジオのタッグが放送前から話題に。
スタッフ陣は、監督に錦織敦史(『THE IDOLM@STER』)、キャラクターデザインに田中将賀(『あの日見た花の名前を 僕達はまだ知らない。』、『君の名は。』)、メカニックデザインにコヤマシゲト(『トップをねらえ2!』、『HEROMAN』、『STAR DRIVER 輝きのタクト』)など豪華クリエイターが集結。
キャスト陣も、ヒロに上村祐翔(『文豪ストレイドッグス』中島敦役)、ゼロツーには戸松遥(『ソードアート・オンライン』アスナ役)といった人気実力派を中心に若々しさ溢れる“コドモ”たち13部隊と、ベテラン勢が脇を固める“オトナ”たちとで厚みのある配役がドラマを支える。
豪華スタッフ&キャストが紡ぎ出す、映像フィロソフィーに注目せよ!!

TVアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』公式サイト

  • S.H.Figuarts デルフィニウム
  • ROBOT魂<SIDE FRANXX>

    デルフィニウム

    発売日:2018年11月予定

    メーカー希望小売価格:6,264円(税8%込)

    セット内容:
    本体、交換用手首左右各2種、
    武器(エンビショップ)左右、
    交換用表情パーツ2種、専用台座、
    魂ステージ用ジョイントパーツ 一般販売店様にて2018年7月2日(月)予約解禁予定
    (予約取扱の有無は販売店様により異なります)

    商品詳細ページはこちら

  • S.H.Figuarts ゼロツー
  • S.H.Figuarts

    ゼロツー

    発売日:2018年10月27日

    メーカー希望小売価格:5,940円(税8%込)

    セット内容:
    本体、交換用表情パーツ3種、
    交換用手首左右各3種、
    差替用フードパーツ一式、 専用台座一式

    商品詳細ページはこちら

  • S.H.Figuarts ストレリチア
  • ROBOT魂<SIDE FRANXX>

    ストレリチア

    発売日:2018年10月27日

    メーカー希望小売価格:5,184円(税8%込)

    セット内容:
    本体、交換用表情パーツ2種、
    交換用手首左1種右2種、ランス、シールド、
    専用台座

    商品詳細ページはこちら

  • 「可動によるキャラクター表現の追求」をテーマに、「造形」「可動」「彩色」とあら ゆるフィギュアの技術を凝縮した手の平サイズのスタンダードフィギュアシリーズです。
  • S.H.Figuarts ブランド商品一覧はこちら

  • バンダイが長年蓄積してきた技術と、ロボットを愛する心=“ロボット魂”が創りだしたハイターゲット向けロボットフィギュア。最先端のCAD技術+造形職人の匠の技が織りなす“造形の妙”で、数々のロボットを圧倒的な完成度で立体化する。
  • ROBOT魂 ブランド商品一覧はこちら

©ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会