KANEDA'S BIKE from AKIRA

伝説のバイクが蘇る

PROJECT BM ポピニカ魂

金田のバイク
<リバイバル版>

2021年5月発売予定
 メーカー希望小売価格:59,400円(税10%込)

※本商品は2010年に発売したものと同等の商品内容になります。

11年ぶりの 【リバイバル】。

世界的アニメーションムービー『AKIRA』より、豪華仕様の「金田のバイク」がふたたび。

金田のバイク イメージ5

『AKIRA』とは----

大友克洋氏により1982年12月、講談社『ヤングマガジン』誌にて原作コミックが連載を開始。
その後、1986年には製作期間3年・総制作費10億円をかけた劇場アニメーションが公開された。
大友氏自らが監督となり、かつてない技法を駆使して製作されたその映像は、
世界中に衝撃をもたらし、現在でも多くのファンから支持されている。

『AKIRA』の舞台は近未来・2019年のネオ東京。
いわゆる「金田のバイク」は、健康優良不良少年・金田正太郎が駆るバイクで、
独特のデザインとスペシャルチューンが施されている。そのチューンは、
セラミックツーローターの両輪駆動、コンピューター制御のアンチロックブレーキ、12,000回転時に200馬力など様々。
金田以外には扱うことができないほどのピーキーな仕上がりとなっている。

※データは作品中のものです。

圧倒的な重量感と精密さ。

大友克洋氏監修。
全長約500mm、重量約2,500gのリアリティ。
  • 金田のバイク イメージ6
  • 金田のバイク イメージ7

質感

内部フレームの主要部分にメッキ仕様のダイキャストパーツを使用。
圧倒的な重量感と質感、そして大きなボディを支える強度をもたらしている。
  • 金田のバイク イメージ8
  • 金田のバイク イメージ9

外装カウルパーツ類を取り外し、ネイキッド状態にすることも可能。左右2本、計4本構成のフロントサスペンションやステアリングユニット、ホイール、後部フレームなど、内部の機構を確認出来る。

  • 金田のバイク イメージ10

    センターコンソールにはクリアパーツ、グリップには軟質素材を採用し、実在のバイクの質感をイメージ。

  • 金田のバイク イメージ11

    シート、タイヤ、アクセルペダルに軟質素材を使用。本物の質感と重厚感を演出。

  • 金田のバイク イメージ12

    サイドカウル部も着脱可能。

  • 金田のバイク イメージ13

    フロント・リアのサスペンションにはスプリングを内蔵し、実車の様な伸縮が可能。

発光

各部にLEDを内蔵し、劇中をイメージした発光ギミックを再現。コンソールパネルは青色に発光。うっすらとシートに反射する青い光は、現実に存在するマシンを彷彿とさせる。ホイールは緑色、フロントライトは白色など劇中に合わせた発光色でディスプレイを演出する。
金田のバイク イメージ14
  • 金田のバイク イメージ15

    前輪後輪ホイール、フロントライト、ウインカー発光。

  • 金田のバイク イメージ16

    センターコンソールパネル、テールランプも発光。

  • 金田のバイク イメージ17
  • 金田のバイク イメージ18

フロントライトは、コンソール側のスイッチによりワンタッチで開閉可能。

サウンド

「起動音(バイク前方可動音)」「走行音(エンジン音から一連)」「スキール音」を内蔵。発光と連動したギミックを楽しむことが出来る。

金田のバイク イメージ19

ボディ下部にスイッチとスピーカーを搭載。

  • 金田のバイク イメージ20

    ボディ右側のアクセルペダルを押すと走行音が、左側のブレーキペダルを押すとスキール音が鳴る音声ギミックを搭載。

  • 金田のバイク イメージ21

    外部スピーカに接続できる出力用端子も内蔵。より高音質でクリアな音質を楽しめる。

PROJECT BM! ポピニカ魂

金田のバイク<リバイバル版>

金田のバイク イメージ22

2021年5月発売予定

メーカー希望小売価格:59,400円(税10%込)

商品詳細ページはこちら